スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
オタクの愚痴。
Sです。
病み上がりです。
今日も欝なのでほとんど駄目な愚痴です。

まぁ、オタクが最早ただの悪口ではない人間の一個性であることはいい加減認めて欲しいわけですが。
少なくともブロガーの皆様には。

とりあえず私には、監督の趣味に沿うような素敵な脚本を書くという
大役が言い渡されてるわけですね。
が、監督がそのために私をどう扱っていいのか分かっていないようで……
そして、私のほうも何がないから困っているのか分からないわけです。
なんせ今まで、他人の意図によって何か書いた記憶はないですから。(キャラ萌え遊び作品は除く)



で。
とりあえず監督に一通り文句をつけると。
・あらすじとは購読意欲をあおるためのものではない。
・内輪用のキャラ紹介で不明瞭な点があってはならないし、解説のない突発的なイベントもあってはならない。
・一つのイベントによる波及効果は一つではない。
・キャラクターの命名は性格設定に対して最も威力を発揮するものである。
・キャラクターが所属する団体の性格も明らかにすべき。
・クライマックスには少なくともポジティブな表情描写が必要。
・設定よりもストーリー展開に重点を置くべし。
(以下地獄まで続く

……まあ、こういうことをちまちまと考え始めたとき、人は「創作系オタク」への第一歩を踏み出すのでしょう。
*創作系オタク:Sの造語。愛好家系オタクとの区別を試みているが、頭脳を無駄に使って世間一般的には不必要な思考に執着している点では愛好家系オタクと変わらない。

私ですか?そりゃあ……自分オリジナルのライトノベル世界観においては、持ちキャラは今40人弱いますが……そうですね、全員の得意/不得意教科くらいならさらっと言える自信があります。

まぁそんな私の場合には、キャラの動きにかなり任せてしまう分、作者本人のテーマ、伝えたい主題が明確ではないという欠点がありますが。
多分私にはテーマそのものがないのでしょう……監督の脳内に肉のついたキャラクターがまだいないように。

あさってあたり、文芸部の大先輩に意見を聞いてみます。
スポンサーサイト

テーマ:ぼやき - ジャンル:

【2007/04/25 00:24】 | S | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<探し物をして。 | ホーム | 小説家始めました。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ksatelier.blog71.fc2.com/tb.php/118-e2df6dd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。